« 料理 | トップページ | 皆生トライアスロン 落選! »

2013 そうじゃ吉備路マラソン

日曜日はそうじゃ吉備路マラソン(42.195km)に参加した。
当日は鳥取を朝5時に出発。

途中、河原を過ぎたあたりから高速にも積雪が有り、智頭ICで軽くスリップして焦る。黒尾峠も当然積雪、高速にもしばらく雪がありずっと安全速度。
結局、総社IC到着は720分ごろになっていた。スタートが9時なので焦る。。。しかも料金所でちょっと渋滞していてまた焦る。会場に近い駐車場はすでに満車で、遠く離れた河川敷駐車場まで移動。ここですでに745分。
シャトルバスで会場入り。シャトルバスはすぐ来たけど、会場近くが渋滞でここでも焦る。やっと会場入り出来たのが815分くらい。会場はどこに行っても大混雑で、体育館は文字通り足の踏み場も無い。恐るべしマラソンブーム...

ユニフォームにゼッケンを取り付けているともう830分。とにかく焦っていて、写真を撮る余裕などなかった。5分だけでもアップしようかと思ったけど、体育館出口にも人が殺到しており、一度出ると戻って来れなそうだったので今回はアップ無しで挑んだ。
会場の混雑の割にスタート近くは意外とスムーズ。スタート時刻が遅いハーフや10kmの部門の人で混雑していたみたい。

肝心のレースは3時間切りを目標に挑んだのだが、結果は...3時間17分もかかってしまった。
https://www.polarpersonaltrainer.com/shared/exercise.ftl?shareTag=e39f731ef2109c4bac24c1c615ab5b85

スタート直後から設定ペースどおりで落ち着いてとてもスムーズ。体もよく動き、アップ無しの影響も感じなかった。次回以降もこれで良いかもしれない。
序盤は気持ちよく走っていたが、28kmくらいから脱水気味となり、心拍数も上昇。
そして、そのままズルズルとペースダウン...
寒いし、痛いしで最後は歩くようなペースまで落ちてしまった。
 ここ数年悩まされているトライアスロン・ウルトラマラソンの後半での嘔吐対策として、自分なりにちょっとした人体実験をしてみたのだがこれが大失敗だったようだ。
レース後の会場も先に終わった人達で大混雑。

Niiya

売店もバス乗り場も大行列なので早々に帰路へ。結局、総社市では1円も使わなかった()急激に増えた参加者に会場のキャパが追い付いていない感じだった。


帰り道ではちょっとだけ吐き気もしたけど、まあ許容範囲だった。
夜は録画しておいた東京マラソンを見た。
いろいろ感想は有るけども女子優勝の黒人選手がゴール直後にドバァ~と全国ネットの生放送で嘔吐を披露していた。
自分がやってしまうときもあんな感じだよ~、ちょっと親近感。

 

|

« 料理 | トップページ | 皆生トライアスロン 落選! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390200/49679324

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 そうじゃ吉備路マラソン:

« 料理 | トップページ | 皆生トライアスロン 落選! »