きたろう駅伝

久しぶりの更新...

バイクやスイムはまったくやっておらず、

かろうじてランナー面してるけど、質・量ともに例年の半分程度しかトレーニングしておらず、走力はがた落ち...

そんななか、20日は毎年の恒例行事である

キタロウカップ駅伝に参加してきた。

例年、8km以上の長い区間を走ってきたけど、

現在の状況では当然無理。

今年は6区5kmを担当させてもらった

実力は下降線とはいえ最低でも5kmを18分をきることを目標にスタート。

18分を切るには1キロあたり3分35秒で行くわけだけど、

最初の1kmは3分22秒。押さえたつもりだったけどオーバーペース。

案の定、そこからペースはどんどん落ちてしまい、

ラスト1kmでちょっと上げたけど、

トータルは18分09秒

18分切りはかなわなかった...

下降気味の自分の調子とは逆にチームは近年になく絶好調!

今回も自分以外の区間が頑張ってくれてついに長年の課題だった2時間30分切りを果たした。

1378595_305771269561055_1905368238_

こんな状態でも米鳥駅伝まで残り3週間

なんとか迷惑を掛けないように走りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆生トライアスロン結果

今年は団体の部で出場。

7時にスイムスタート!

スイム・H尾さんとバイクHayashiさんが頑張ってくれて、

団体の部4位でランスタート!3位チームとの差は約3分!

バイクまでの経過はHayashiさんのブログで。

スタートはK端くんとほぼ同時、100m先に蔵Mさんという展開。

最初のR431の長い信号待ちでさらにK保君も一緒になって

鳥取県の強豪アスリート3名と一緒の集団になった。

自分だけ場違い感が有って、非常に申し訳ないという気持ちと

個人でこの位置だったらなあという気持ちを抱きながら走る。

集団のペースはほぼ4分30

冬場のマラソンだったら遅いペースなのだが、長年の嘔吐の恐怖も有って

自分の設定では前半はもっともっと押さえるつもりだった。

だけど850人の参加者がいる皆生トライアスロンで、

偶然とはいえ知った顔の3人の強者と同じ集団になったことと、

団体の部3位がたった3分前を走っているという状況で、

遅れてマイペースを貫くわけにはいかない

(これが失敗の原因だったか?)。

最初のエイドを過ぎたころから蔵Mさんが他県の選手と少しずつペースを上げていき先行し、しばらくK端くんとK保くんと私の3人が一緒に走った。

だけど心拍は高いしペースは速いし、じりじりと後退、

再び国道431に入るころには自分だけ100m程度遅れていった。

だけど不思議なもので境線の陸橋を越えた辺りで、足が軽くなってくるのを実感。

どんどんペースがあがっていき、前の3人が近づいてくる。

17~18km地点で信号待ちしている3人に追い付き、さらに先行する。

そうこうしてると上位選手が折り返してきて、団体の部2位と3位の選手が

ほぼ同時に折り返してくる。だけど自分との差はおそらく10分以上には開いてしまっているようだった。

信号待ちでまた3人と一緒になり、まったく同時に4人で折り返し地点へ。

預けていたゼリーとアミノバイタルを飲み後半戦へ。

が、ここで一気にペースダウン。

キロ5分のペースが苦しい。

当然3人ともサヨウナラ。

まだ21Kmも残しているのにここでの失速はちょっと早過ぎる。

おかしいな、苦しいな、気持ち悪いな、と思いながらJOGペース。

まだ吐き気は来ていないけども、これは明らかに迫ってきている感じ。

竜が山の交差点で団体の部に抜かれ5位へ転落、

さらにペースは落ちる。

とぼとぼとゴールを目指すが、なんとか歩かずにキロ6分程度。

途中、折り返しに向かってくる仲間やhayashiさんH尾さんの声援を受けるが、

あまり気の利いた返しは出来ない。

このままゆっくりでも走れるか?嘔吐が来るのかという

恐怖感と闘う。長年の経験でここで水分を取ると一気に嘔吐が来るので、

水は頭から被るのみ。頬を伝う水分で口を湿らせる程度。

 

歩きの誘惑と戦いながらなんとか35kmまで来たが、

エイドステーションの前後でちょいちょい歩き始める。

帰りの歩道橋を渡る前でA井さんに抜かれるが

幸いこのペースでも、団体の部には抜かれていない。

歩道橋を降りてからラスト5kmは歩きたい衝動との長い闘い。

だけどこれは団体の部、なんとか走る。

残り2km地点では完全歩きも考えたが、なんとか誘惑に打ち勝ち走る。

結局、嘔吐すること無く、団体の部のチームメートと無事合流し団体の部5位でゴール!

13739777969501

個人記録は3時間50分。

考えてもいないようなタイムだった...

 自分が3時間15分で走っていれば表彰台だったのか...

ゴールした後はなかなか酷い有様だった。

休んでも気持ち悪いのが治まらずゴール30分後についに嘔吐。

折り返しで食べたゼリーがまったく消化されていないようだった。

その後は何度も嘔吐を繰り返し、今回は22時頃までの長期戦だった。

走っている時間より長かったかも。

当然打ち上げも出れず...

今回リレーに誘った二人にはなかなか喜んで頂けたようで非常に良かったのだけど、

自分としてはトライアスロンどころかマラソンもまともに出来ない事に

悲しさというか寂しさを感じている。

来年以降は諸事情によりさらに練習時間が取れなくなるだろうし、

今のところ白紙。まずはこの嘔吐癖を克服する方法を考えないと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今週末は皆生トライアスロン

いよいよ今週末は皆生トライアスロンになった。

近年はレース中の嘔吐に悩まされており、一昨年はリタイア、

昨年はゲロゲロやりながらギリギリのところで完走。

その間、ウルトラマラソンやトレイルマラソンなどいろいろ出場してみたが、

活動時間がだいたい4時間を超えて長くなると季節・競技に関係なく基本的にどれもダメ。

OS-1や胃薬なども数種類試して、ペース配分や日差しなどいろいろと対策を講じてきたがどれも効かない。

ネガティブな気持ちが数年間くすぶってしまい、2008年から出場を続けてきた皆生トライアスロンも、

出場するのか迷っていた。

迷った結論は症状に改善の兆しが無いので今年は不参加!

だけど1種目(ラン)だけなら大丈夫だろうという目論見でリレーの部に参加することにした。

一次選考で落選したが二次募集で復活当選!

スイムとバイクのメンバーが強力なだけになんとか、迷惑を掛けない程度には走りたい...

(ということで今年はランのみの参加となります。)

Dsc_0115

| | コメント (2) | トラックバック (0)

若葉台を探索

今日は若葉台を探索。
環境大からガイナーレの練習グランドを抜けて住宅街を山沿いにひた走る。
すぐに山道が有った。看板は何も無い。登ってみる。
Dsc_0021

広い道
Dsc_0022

5分ほどで分岐に出る。
Dsc_0023


左の舗装路を降りてみる。かなりの激坂だったが短い。
産廃処理場から国府へ抜ける道へ出た。
Dsc_0026

折り返し、もう一度激坂を登り、さっきの分岐を右へ。
すぐに神社が有った。賀野神社とある。
Dsc_0027

展望
Dsc_0028_2

お賽銭を入れて次へ。
が、辺りに道は無い。何度見回しても道がない。
しょうがないので折り返し、再び住宅街へ。

住宅街を走るとまた山への入り口発見。
Dsc_0029


のどが渇いて自販機を探しているので今回はスルー。
住宅街を通って、水を購入。
Dsc_0031

サッカー場の横にくると山への入り口発見。
Dsc_0032

『若葉台里山ウォーキングコース』
Dsc_0033

Dsc_0034


500mほど急登すると分岐が有る。
Dsc_0035


片側はさっきの神社へ行く。
道は無かったはずなのに?
今回は展望台方面へ
Dsc_0038_2
10分ほど走ると尾根へ出る。
下には果樹園も見えるが降りる道は無い。
写真右上の山の中へ入る。

ここから長く、途中分岐もなくひたすら走る。
急に視界が開けて、
Dsc_0040
若葉台の町も見える。

ここは分岐になっている。
Dsc_0041
この分岐を左に降りると下峰寺へ行くらしい。
ちょっと降りてみるが、かなり草が伸びており、藪こぎしないと進めそうにない。
Dsc_0043
あきらめて展望台方面へ。
ここからもけっこう長く感じた。
Dsc_0044
しばらく走るとベンチが有ってすぐに分岐。
Dsc_0045
配水池か展望台。しばらく迷って展望台方面へ。

分岐から100mほど走るとすぐに展望台に到着。
Dsc_0047
眼下では運動会をやっていた。
右上はガイナーレの練習グランド。

来た道を分岐まで戻り、配水池方面へ。
と思ったらすぐに近代的な建物が見えて、
Dsc_0050
コースの終点。
あとは舗装路を帰る。

展望台への登り口もすぐ近くに有った。
Dsc_0051

感覚としては出会いの森の倍くらいのトレイルコースかな。
草の短い時に下峰寺方面へ行ってみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦富海岸健康マラソンはジョギング

12日は浦富海岸健康マラソン10kmに参加

天気も最高で、はりきって走りたかったが今回は走れるかどうか微妙な状態。

というのも10日ほど前に不注意で足の甲を怪我してしまい、走るのはもちろん歩くのも痛い。

幸い骨には異常が無かったが、GWは頑張ってる友人たちをうらやましく思いながらもほとんど休養となってしまった。軽めにジョギングしても30分で歩いて帰ってくる状態だった。

ここ数日でやっと半分くらいの痛みになってきたのだが、10kmは長く特に無理せず当日の調子を見て決めよう!という気持ちで現地入り。
受付してうろうろ歩きながら様子を確認し、久しぶりに会ったラン仲間トラ仲間に後押しされて、なんとなくいけるかな?という気持ちになり、緊張感ゼロでスタートラインに並びスタート!
ゆっくりゆっくりペースは530秒から6分くらい。普段のJOGより遅いけどやっぱり痛い!痛いけど、止める程の痛みではないので5月の爽やかな海岸線をゆっくり走る。
Ncm_0223


このペースで走ると今までにない発見が有った。
それは周りに、若くてかわいいウェアのお姉さんたちがけっこう多いということ。
最近のランニングウェアは本当にオシャレになったなぁ~と思いながら、近くで見ると実はけっこうなオバサマだったりすることも多数。。。

 痛みもひどくならず取りあえず完走できた!

タイムはほぼ55分。普段の1.5倍くらいかかった。

もさエビ汁と田村コロッケを食べて、マラソン大会後にバイクトレをする物好きな7人で浜坂方面へ!ダンシンクしなければ足もそれほど痛くない。
だけど情けないかな、まったく乗ってなかったので確実に走れない。
最後はバテバテになりながら浦富まで戻り、さらに自走で帰宅!さらに自走で実家まで!となりほぼ初乗りで125kmも走って完全にへばった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

皆生トライアスロン 落選!

Ncm_0217

皆生トライアスロンの選考結果が届きました。
近年は嘔吐が続いて低迷している事も有って今年はリレーの部で出場を目指しましたが落選です...
補充選考で通る事を祈ろう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013 そうじゃ吉備路マラソン

日曜日はそうじゃ吉備路マラソン(42.195km)に参加した。
当日は鳥取を朝5時に出発。

途中、河原を過ぎたあたりから高速にも積雪が有り、智頭ICで軽くスリップして焦る。黒尾峠も当然積雪、高速にもしばらく雪がありずっと安全速度。
結局、総社IC到着は720分ごろになっていた。スタートが9時なので焦る。。。しかも料金所でちょっと渋滞していてまた焦る。会場に近い駐車場はすでに満車で、遠く離れた河川敷駐車場まで移動。ここですでに745分。
シャトルバスで会場入り。シャトルバスはすぐ来たけど、会場近くが渋滞でここでも焦る。やっと会場入り出来たのが815分くらい。会場はどこに行っても大混雑で、体育館は文字通り足の踏み場も無い。恐るべしマラソンブーム...

ユニフォームにゼッケンを取り付けているともう830分。とにかく焦っていて、写真を撮る余裕などなかった。5分だけでもアップしようかと思ったけど、体育館出口にも人が殺到しており、一度出ると戻って来れなそうだったので今回はアップ無しで挑んだ。
会場の混雑の割にスタート近くは意外とスムーズ。スタート時刻が遅いハーフや10kmの部門の人で混雑していたみたい。

肝心のレースは3時間切りを目標に挑んだのだが、結果は...3時間17分もかかってしまった。
https://www.polarpersonaltrainer.com/shared/exercise.ftl?shareTag=e39f731ef2109c4bac24c1c615ab5b85

スタート直後から設定ペースどおりで落ち着いてとてもスムーズ。体もよく動き、アップ無しの影響も感じなかった。次回以降もこれで良いかもしれない。
序盤は気持ちよく走っていたが、28kmくらいから脱水気味となり、心拍数も上昇。
そして、そのままズルズルとペースダウン...
寒いし、痛いしで最後は歩くようなペースまで落ちてしまった。
 ここ数年悩まされているトライアスロン・ウルトラマラソンの後半での嘔吐対策として、自分なりにちょっとした人体実験をしてみたのだがこれが大失敗だったようだ。
レース後の会場も先に終わった人達で大混雑。

Niiya

売店もバス乗り場も大行列なので早々に帰路へ。結局、総社市では1円も使わなかった()急激に増えた参加者に会場のキャパが追い付いていない感じだった。


帰り道ではちょっとだけ吐き気もしたけど、まあ許容範囲だった。
夜は録画しておいた東京マラソンを見た。
いろいろ感想は有るけども女子優勝の黒人選手がゴール直後にドバァ~と全国ネットの生放送で嘔吐を披露していた。
自分がやってしまうときもあんな感じだよ~、ちょっと親近感。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理

今日の午前中は鳥取マラソンコースで30km走。
終盤、A井さんがペースをどんどん上げるので、ラストはほぼMAXになった。

https://www.polarpersonaltrainer.com/shared/exercise.ftl?shareTag=1900f93a2608af5ebd3ed032d4a2ff87


午後は実家で料理。
食材は先日獲れたイノシシ!!
イノシシが獲れるとだいたい焼き肉か鍋と決まっていたので今日は目先を変えた料理をしようと思って立候補して実家に行った。

Ncm_0156
頂いたモモ 骨つきで約3kg 素人解体にしたら上手。

Ncm_0161_6
包丁片手にデボーン(脱骨) 約2時間かかった。


Ncm_0162_3
肉を切りだす


Ncm_0163_3

贅沢にトリミング。肉屋でこんなことをしたら採算が合わないだろう

Ncm_0169
小さい方の肉は片栗粉を付けて揚げてから、素揚げした野菜と甘酢で和えると・・・

Ncm_0166_10
大きい方はパン粉を付けて・・・

Ncm_0170_12
酢豚ならぬ酢イノシシ
豚カツならぬイノシシカツ

味は...

美味い!
素材のおかげか、自分の腕か?
まだ冷凍庫に眠っているのでまた考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013雪合戦

先日210日の日曜日は若桜町で有った第18回西日本雪合戦大会に参加してきた。

 

もはや恒例行事となっておりなんとか優勝賞金8万円を頂きたいのだが、例年決勝トーナメントの1回戦止まり。

 

毎年、今年こそは!と意気込んでいるような気がするが、一昨年くらいから勝つための戦術がわかってきたような気がして

本当に今年こそは!と思っていた。

 

(雪合戦ルールのおさらい)

7人の団体競技でテニスコートと同じくらいの広さのコートを使い、コート半分で敵と見方に分かれ、敵に雪玉を当てるという競技。全員に雪球を当てるか、敵陣地に入り込んでフラッグを奪えば1セット勝利。1セットの3分間で勝敗決まらなければ残り人数の多いチームが勝ちとなり、2セット先手で勝ち。雪玉の数やチームメイトへの供給方法、敵陣地への侵入人数など、細かいルールは割愛。ちなみに雪玉は受け止めてもアウト!

例年通り、地元の同世代メンバーでチーム構成。

今年は午前中は8人、午後からは7人ぴったりなので交代要員がいない。

戦術を意識しだした一昨年くらいから時を同じくして、瞬発力・肩力・スタミナの急激な衰えをほぼ全員が実感として共有している。運動習慣の有る自分でもそうだから他のみんなは相当だろう。今までのイケイケ!では越えられない壁が有ると思う。

 

 8万円を目指すリーグは今年も30チームが参加。キャンセル待ちも発生していたらしい。3チームずつ10組の予選リーグを行い、各組1位にならないと決勝トーナメントに出られない。我々のチームはこの組み合わせが毎年、恵まれているのかもしれない...

決勝ではすぐ負けるけど、予選ではここ数年負け知らず!

 

予選リーグ1回戦!
相手は○○局チーム。
1勝1敗1引分けとなったが、残っていた人数の差でかろうじて勝った!

 

予選リーグ2回戦!
おそらく地元の高校生と思われるチーム。若い。球が速い。そして俊敏。
負けを意識したがなんと2-0のストレートで勝った!
思いっきり当ててやったので気持ちよかったけど、油断してたら側頭部にガツンと当てられた(ヘルメットを被っているので問題ない)。

2連勝で今年もトーナメント進出となった。
決勝は10チームのトーナメントなので、クジ運がよければ準々決勝(ベスト8)から始まる。しっかり選んで準々決勝からのスタートとなった。1回勝てばベスト4だ~!


準々決勝!

相手は男性4人、女性3人のチーム。

これは勝てるぞ!!ベスト4は確実だろう。

しかもこのチームに予選で負けた友人の駅伝ランナーM山さんの話によると、友人M山さんたちは反則で負けたようで、反則がなければM山さんたちが勝ったと言っている。(負け惜しみも有るだろうけど...(笑))よっしゃ、準決勝で当たりそうなチームの試合を見学しとこう!

と思ったが、

結果は0-2のストレート負け。

前線に出てくる男性の玉がかなり速いうえに、女性は後方で雪玉の補給に徹しており、

完璧に役割分担がされていた。我々の肩力では後方の女性を当てられない。

今思えば、相打ちに持ち込んででも前線を突破すれば、勝機は有ったかもしれない。

もっと考えて挑めば良かったのだが、試合前は油断だらけだった(笑)

今年は敗戦後も上位の試合を最後まで見学した。いろいろ学習したけど、来年になったらきっと忘れるだろう。普段使わない筋肉ばかり使ったので筋肉痛がひどい。

第一試合の第一セットの動画

| | コメント (4) | トラックバック (0)

40Km走

天気予報と練習会のブログと何十回も見て、結局今日は単独ラン。

天気が良くて調子も良かったのでかなり追い込んでの40km走。

最後は足がつりかけた。

さらに走り終わって2時間くらい過ぎてから例の吐き気に襲われた。

おかけで焼き肉食いそびれた(泣)

https://www.polarpersonaltrainer.com/shared/exercise.ftl?shareTag=5a83fd01a800c08c406614e033cd2eca

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«米子でジョギング